アサヒ系金属オールパンを使用して1年経過!正直な感想、、、

3b18f121948a38acc52c4e913e7ad724_s

急性膵炎、機能性ディスペプシアを発症している私にとって脂質、油は天敵です。なのでできる限り要らないところで油は摂りたくありません。油がいらないフライパンで有名な「アサヒ系金属のオールパン」を購入してから1年ほど経ちました。本当に油はいらないのかというと。。。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

油使います

購入を考えている方の一番気になるところを真っ先に紹介します。「アサヒ系金属 オールパン」油使います。w

3、4ヶ月経過したくらいかな。「あれっ?」って思いました。最初のうちは気付かないふりをしてましたよ。

だって一つのフライパンで1万円以上するんですよ!意地でも言いたいじゃないですか!

「油要らないし!焦げ付かないし!」って!謳い文句にしている30年は絶対無理だろと思っていましたがまさか半年待たずに油を使い始めるなんて。。。

期待を裏切られた気持ちになりました。

でも肉を焼くのに油はいらない

冒頭から「アサヒ系金属 オールパン」をディスってしまいましたがご安心ください。油が使わずに調理できる食材もあります。まずお肉ですね。鶏肉のささみやむね肉など脂がほとんどないお肉は焦げ付きますが、牛肉や豚肉、とりもも肉だったら脂は要りません。お肉の脂だけで調理することができます。

あとは水分量の多い食材です。意外に野菜は焦げ付きにくいです。手を止めずに炒めれば本当に油を使わずに炒めることができるかもしれません。うちは少量の油を使って炒めますが。

なのでトータルで見れば油を使う量は一般的なフライパンに比べると大幅に減らせるのではないかと思います。

食材は旨みが増す

もう1年以上使っているので今はあまり感じませんが、使い始めた当初は食材の旨みがぎゅっと詰まっているように感じました。お肉はジューシーに芋はホクホク、野菜は甘みが増している感じがします。1万円の味とは言いませんが、確かにおいしいです。w

お米もオールパンでも炊けると書いていたので炊いてみましたがお米が立っていました!w

いや立っているお米を見たことがないので基準が分かりませんが、家の炊飯器で炊くよりは立っているような気がします。そしてお米が白く見えます。さらに甘いです。炊飯器よりも早く炊けるので、今でもたまに炊いています。

ですが調にオールパンを使えなくなるのと、お米はまんべんなくびっしりこびりつくので、一人飯の時にしか炊きません。

フライパンでこの旨さですから同会社の「活力なべ」はさらにおいしいと予想します。高すぎるので買いませんが。w

ダウンロード

保証ありだが修理費5000円って、、、

普通のフライパンよりは確かにおいしいのですが最近こびりつくようになってきたので、修理に出そうと思ったんです。そこでホームページを見てみると、修理費5000円。送料お客様半分負担。

速攻で修理に出すの辞めました。修理費5000円って、、、2つ出したら1つ新品買えるじゃん。

「活力なべ」は無料で修理してくれるみたいですが、オールパンは料金が要るみたいです。

そこらへんを考えると製作側もやっぱり油を使わないと傷んでくると分かっているのでしょう。

宣伝のPRが強すぎますね。もう少し控えめの宣伝で価格も抑えていれば満足ですが、購入前に完全に油が要らないと思い込んでいるので、がっかり感のほうが強いです。

なのでこれから購入を考えている方は完全ノンオイルは不可能。だということを考慮して検討してみるといいと思います。

逆にノンオイル思考ではなく、おいしく調理したい人にはオススメです。旨みは本当に詰まっていると思います。

特売の安いお肉ばかり食べていますが、お店で食べるものと変わらない、むしろおいしいですよ。

まとめ

すべてを考慮して考えると私は正直、失敗だった買い物だと思っています。w

いや期待度が高かったからですね。ノンオイル生活を手に入れられると思っていたから。

また調理後の写真なども撮って更新するかもしれないので、気になる方は覗いてみてください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です