我が家には「朝活」を阻む天敵がいる

夜に早く就寝して朝早くに起床し、仕事や体を動かすことを「朝活」といいますよね。僕も朝活をしてみると想像以上に仕事がはかどるので朝活を習慣化させているんです。

でも朝活を阻む天敵もいるんです。その天敵とは…

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s

スポンサーリンク
スポンサードリンク

朝活を阻む天敵

その天敵の気性は荒く、野蛮性もあり何か道具を手にするとぶんぶん振り回し凶器に変えます。手に取ったものを破壊することも日常茶飯事。

壊した後にはニヤッと不適な笑みを浮かべることも。

気に入らないものであればそれが「i phone」であろうが「i pad」であろうが放り投げます。

天敵に善悪の区別はありません。自分が楽しいと思ったものはやる、楽しくないものは投げる、壊すが当たり前です。

さらに天敵の強欲ぶりは凄まじいものがあります。

手に持っている食べ物を強奪しようとすることはもちろん、知らぬ間に財布からお札やポイントカードが抜き出されていることも。

なんという物欲。この世はすべて自分中心に回っているかのような理不尽さです。

さすがにお札の大事さは本能で知っているからなのか破らないのが幸いです。

そしてこの天敵。なんと念力を使えるんです。

言葉を発さずにわけの分からないことを言っているのですがなぜか言いたいことが分かります。

そして操られるかのごとく行動させられるんです。

そのため「朝活」中も仕事を一度ストップ、天敵に阻まれます。

天敵は深夜だろうが早朝だろうが関係ありません。

楽しければ大笑いし、悲しければ大泣きします。床や壁なんかも容赦なく蹴る、叩く。

慌てて止めに寝室に入ると「ニヤリ」待ってましたといわんばかりの笑顔がはじけます。

どたばた四つんばいで近づいてき、足にしがみつきます。このとき僕のすね毛までこっそりむしることもご愛嬌。

そして僕は操られるかのように天敵を抱き上げ、別室へと向かいます。

オムツを換え、おやつ、またはミルクを作り小一時間ほど遊ぶことも…

天敵とは我が家のかわいい次男坊です(10ヶ月)

朝活がはかどらない

かわいい次男坊のおかげで「朝活」がはかどらないこともしばしば。

かわいいから許しますけどね。w

でもパパも遊んでいるわけではないからもう少しお仕事させてほしいんだよね。w

お子さんがいる家庭は必ず家での仕事や作業を阻まれることがあると思います。

それが家庭のためでも子どもは分かりませんから容赦ありません。

こんなとき皆さんはどう対処していますか?きっぱり中断できますか?

次男坊(10ヶ月)の上にまだ2才と4才のちびっ子がいます。一緒に遊んで欲しい盛りです。

薄々感じてはいますが副業でパソコンに向かっているせいで子どもたちにストレスを与えているような気もしています。

子ども達がいるときはなるべく触らないようにしていますが、そうも言っていられないときもあります。

そんなとき何で副業をしているのか冷静に考えることにしています。

生活の糧にしたい。貯蓄したい。子ども達に残しておきたい。

だいたいこんな感じだと思います。でもそれって過程の話だと思うんです。

楽しく、幸せに暮らしたいからお金を貯めたいんだと思います。

自宅で副業をすることで子どもを邪魔者扱いしたり、夫婦仲を冷やしてしまったりしては幸せではない。

お金を貯めるのは幸せへ向かう過程であって、今の幸せを満喫できないようにしてしまうなら副業をする意味はない!

子どもに仕事を邪魔された。そんな邪念が出てくるとそんなことを思い出して邪念を消すようにしています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です