ドラマ「コウノドリ」放送日直前!ピアノシーンが何より心配

人気漫画「コウノドリ」がドラマとなって10月16日金曜日、22時から放送が始まります。ドラマ化は非常に嬉しいのですがあの名場面、”激しくピアノをひくシーン”がとっても心配。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

心配されるピアノシーン

心配でしょう。うん、とっても心配。ピアノのことは全然知りませんし上手い下手なんか丸っきり分かりませんがとにかくこのピアノシーンは心配。笑ってしまいそうなんだよなぁ。。。

…心配はそれだけです。

重要ではないが欠かせない演奏場面

ピアノ演奏シーンは特に物語には直結しません。原作では妊婦の外人歌手とコラボレーションしその後日緊急搬送され主人公の病院で出産するとか、同じ職場で働く医師が知らずに聴きに来るという場面などもありますが特に演奏シーンは話の内容とは関わりません。

しかし原作者の鈴ノ木ユウ先生の描く絵がキレイ過ぎて演奏シーンに痺れます。演奏している絵なんて1ページ、2ページあるかないかです。しかしそれ以上の動きが頭の中で勝手に流れます。想像力を搔き立てる臨場感溢れる絵に乾杯。話の間に使われる休憩のような扱いの演奏シーンですがこれがないと「コウノドリ」の良さが半減しそうです。

原作のテンポの良さを活かして欲しい

とにかくテンポの良さが魅力的な原作「コウノドリ」。出産、医療とヘビーな内容もすらすら読むことができる理由はテンポの良さにあると思います。現在10巻まで単行本が発売されていますが一人の妊婦さんに当てる話は2、3話です。長いともう少しありますが1巻丸ごと一人の妊婦さんで描かれることは今のところありません。3コマ程度しか登場しない妊婦さんもいます。産科医を主軸にしてポンポン流れるように話が進んでいくのでクドくならないんですよね。医療系マンガをこんなにしっかり読めたのはこのテンポの良さがあったからだと思います。

ドラマではテンポ悪くなるだろうなぁ

ドラマでは原作でのテンポの良さを再現することはできないでしょう。恐らくですが妊婦役に名前の知れた女優さんが毎回出演するのではないかと思っています。一話目では今人気の女優、清水富美加さんが出演しますしね。僕の中で清水富美加と言ったらこれ!

仮面ライダーフォーゼ!福士くんのクラスメートとしてばりばりの仮面ライダーファミリーです。

その話はまた今度にして。毎回妊婦役に知名度のある女優が出演するとなるとその女優に結構な内容、焦点を当ててくるのではないかと思います。多分一話につき一人の妊婦、出産で進めていくでしょう。となると原作が持っているテンポの良さを演出することは難しくなります。大げさに話を盛る可能性もありありです。

軽くまとめ

なんか薄っぺらい記事だな。

一話目は必ず見たいと思います。w

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です