動物園でのデートには危険がいっぱい

先日家族で動物園に行ってきました。そして年間パスポートを購入しました。そんな動物園好きになりかけようとしている我が家ですが動物園のデートにある危険も垣間見えてきました。特に付き合い始めの初々しいカップルは要注意です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

おしっこの危険

先月動物園に行ったときですが2回おしっこをかけられました。今までの人生で僕におしっこをかけてきたのは長男と次男くらいです。最高でも1日1回のおしっこかけられ記録を動物園で更新されるとは思ってもいませんでした。おしっこかけられプレイを楽しんでいる強者カップルであれば昼間からかけられ話が盛り上がるかもしれませんがその他のカップルだとブルーな気持ちになるのではないでしょうか。動物がお尻を向けてきても「イイよ」の合図ではありません。速やかに離れましょう。ちなみにトラとバクにかけられました。

どでかいウンコの危険

ゾウがとてつもなく大きいウンコをします。結構破壊力ありますが気まずくはならないでしょう。むしろ感動に近いものがありました。まぁウンコとか見たくも言いたくもない真っ白な乙女をゲットしているのならゾウの見物時間は短めにしておきましょう。

お○ん○ん肥大の危険

これは衝撃的でした。ラマだったかな?馬系の動物、何ていう名前か忘れましたが足が5本あったんです。目を疑いましたね。嫁さんにも見てもらい一緒に確認してみました。右前足、左前足、?、右後ろ足、左後ろ足…

前足と後ろ足の間にもう一本何かあったんです。一瞬本当に分かりませんでしたが理解したと同時に5本目の足、いや棒が動きを見せ始めました。するすると短くなっていき4本足に変化。僕は知りました。如意棒は本当にあったんだと。そして如意棒は孫悟空が持っていたのではなくラマ(のような馬系の動物)が持っていたのだと。孫悟空、サルが進化した我々人間のものは如意棒ではなかったということ…

動物って裸なんです

当たり前ですけど動物って裸なんです。あんなところもこんなところも全てむき出しにしています。動物もおしっこしたいときもあります。ウンチしたいときもある!寝起きは大きくなってしまうこともあるでしょう。それらを全て受け止め楽しく会話できるカップルならば動物園デートは楽しめるはずです。まだそんな仲になれていないカップルには行き過ぎた場所です。もしくは「今日こそ一発決めてやろう」と景気付けに行くのもいいかもしれません。

我が家は年間パスポートを購入しました!1年に5回は行ってやろうと思います。本当の如意棒はどのタイミングで見られるのか。次回行った時は張り付いてタイミングを計りたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です