権利確定日まで株を持っておかなくてもいいんだ

まずはじめに初心者丸出しの投稿となることをお許しください。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

象印マホービンが足踏みしております。伸び悩み中。権利確定日は11月20日ともうすぐなのに。ここからガツンと騰がるのか?少し不安であります。

しかし確定日付近まで保有しておくつもりです。

ただ株主優待や配当金を貰えるまで保有しておくのもいいんですが確定日過ぎて株価が下がったタイミングで売ってしまっては結局利益は薄い。もしくはマイナスになるかなーとも思っています。

なので上昇気候にあるなかで売ってしまうかもしれません。キャピタルゲインってやつですかね?リスクも減らすことができるし。

そこで今まで知らなかったのですが権利確定日まで株を保有しておかなくても優待や配当金は貰えるんですね。

というより権利確定日の3営業日前に株を保有していたら優待、配当金が貰える。といった方が正しいですかね。

これ早めに知っておくことができてよかったです。(知らずに株始めたのかよ!っていう…)

安全策で考えていた確定日前のキャピタルゲインで売る。僕は確定日に売るつもり満々でしたからね。w

優待などを狙う多くの投資家は優待権利のある3営業日前に株を購入してその翌営業日に売ってしまうようです。1日しか保有していなくても優待権利のある最終日に株を保有していれば優待、配当金は受け取れるという。

この3営業日前のことを権利付き最終日。と呼ぶそうです。

そしてその翌営業日。株を手放しても優待に影響しない日を権利落ち日。と呼ぶんですって。

権利付き最終日や権利落ち日、確定日などはググればすごーく分かりやすく解説してくれているサイトがたくさんあるのでそちらでより知識を深めていただけたらと思います。w

僕は知らないことばかりで勉強中なのあてになりません。w

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です