日経平均上昇も、象印マホービンは下落続ける

%e7%84%a1%e9%a1%8c

先日のトランプフィーバーでの高騰の余韻を残したまま、11月11日の市場でも日経平均は微増となりました。

トランプ氏当選で日本株が次々に売られるように思っていたので意外な結果です。

しかし私の象印マホービンは売りに売られています。ぎりぎりの1300円台。一時は1200円台まで割っています。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

現時点での評価損益額がこちら。-12,200円。

ひどいですね。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

購入日が10月26日で購入時の株価が1,423円でした。これを100株購入。象印株は1700円、1800円と何度も膨れている履歴があったのでこの時点でも割安と読んだ上で購入しました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

これが象印マホービンの1年間のチャートです。3、4ヵ月スパンで上昇、下降を繰り返しているように見えます。このスパンが季節の移り変わりの時期と重なっているように思えたので10月の後半、これから寒くなるタイミングで購入へと踏み切ったわけです。

同時に11月20日に決算を控えているので株主優待、配当金など狙って投資する人たちも増えるだろうと一応2段構えでの安全策を取ったつもりです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

その結果がこちらです。11月に入って少し膨れた日はありましたがそれ以降はパっとせず。

ここ2、3日で急落してしまいました。しかもここ2日間は日経平均株価も上昇しているにも関わらず。何故?分かりません。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

11月11日時点での象印マホービンの株式投資参考指標です。少し勉強させていただきます。

配当利回り

もうすぐ決算日ですのでこのまま株を保有していれば配当金、優待を受け取ることができます。その配当金がどのくらい貰えるかというと、一株あたりおよそ20円ほどと予想されています。私は100株保有ですので2000円ほどの配当が期待できるということですね。

PER(株価収益率)

PERとは株が割安か割高かを判断するときに役立つ指標です。11日時点での象印マホービンにおけるPERは13.12倍。まだイマイチぴんときませんが20倍を切っていると割安な方らしいです。なので象印マホービンの現時点での株価は安い!割安ということですね。

PBR(純資産倍率)

PBRもPERと同じように株が割安か割高を示してくれる数値です。PBRは自社の過去PBR値と比較して今の水準が割安かどうかを判断する際に使えます。1倍に近いほど割安とのこと。ただし1倍を切っている場合は注意。倒産危機状態かもしれません。

EPS(一株利益)

一株あたりに換算して企業がどれだけ利益を上げたかを見る指標。これは長期投資を行う際に重要とされます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

象印マホービンのEPSはこちら。左から2011年、2012年、2013年、2014年、2015年の表です。2011年に比べ2015年は3倍強に高まっています。投資家の株を上手く使えているっぽいです。ただ2013年は前年に比べダウンしています。

BPS(1株あたりの純資産)

株主資本を発行済株式数で割ったもの。これも長期投資をする際に欠かせない項目。年を追うごとに増えていくのが理想的です。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

象印マホービンの2011年~2015年までのBPSです。綺麗に伸びています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

改めて投資スタイルを考えてみる

長期投資をする前提で象印マホービン株を見直してみると、なかなかいい銘柄ではないかと思えてきました。冷静に考えて現時点の株価は割安、下がり過ぎのように見えてきました。マイナス益でも確定日に売却するつもりでしたが数か月以上保有する気持ちに変化しました。

今の株価に感化されずにもう少し長い目で見ようかと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です