株価操作ってあるの?可能なら試してみたいよね

img_20161120_103902

何か府に落ちないなー。

昨日の記事の続きになりますが、ゆとり親父のグチに少々お付き合い下さい。

祝日前の火曜日までは象印株、好調でした。1400円後半まで株価は上がっていました。
このまま株価高騰して1500、1600円までかけ上がるか!?
と期待して迎えた祝日明けの木曜日。なんと75円落ちという結果で終わりました。
円安は進行中だし、決算発表もまだ、マイナス要素はさほどないはず。

うーん。何ででしょう。

何で株価が下がったのか。原因が分かるわけもないし、分かってもどうしようもないのですがね。

株は買いたい人と売りたい人が居てはじめて取り引きが成立します
買いたい場合は少しでも安い値段で買いたいですよね。
もし仮に私が一つの銘柄の株を大量に保有していて、一度の売買で大幅な株価変動を起こせるとしたら。

私なら他の少資投資家の不安を煽るかもしれません。

直近の象印マホービン株の値動きからすると僕自身、不安を感じることが多くありました。(現在もですが)

トランプ氏の大統領当選が決まり、円安は好調に進み、日経平均も連日伸びて18,000台に突入しました。10ヵ月とかそれくらいぶりだそうです。

しかし象印はこの波に乗るどころか全く逆に値動きし、一時、年初来安値となる1255円まで下落。象印株を保有している投資家は「なぜ?」と感じていたのではないかと。

このまま下落し続けるのではないかと不安を募らせる中、ここ数日で1400円台まで反発し、そこそこの水準まで値戻ししました。僕はかなりホっとしましたね。

これから象印の反撃だ!と意気込み虚しく先日は5%以上の値下がり。また1200円まで下がるのでは。。。と不安になり、傷が浅いうちに1300円台で損切りしようと投資家は考える。

結果、株価は下がり再びお買い得価格に。

株価操作って言うのでしょうか?タイミングを見計らい一気に大量の株を手放して株価を急落させるさせ、僕のような投資家の不安を煽る。そして煽られた投資家が株を手放し、さらに株価は下がる。

下がりに下がり、お買い得価格となったところでまた大量に買い、株価は高騰。それに便乗しようとする投資家が買いに走ることでさらに上昇。

こんな風に自分の売買によって思い通りにチャートを動かせるなら試してみたくなりそうです。僕なら。

先日の象印の急落もこの株価操作によるもの?なんて疑っちゃいます。w

どうなんでしょうね。今日は様子見ます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です