確定日を保険にかけた1ヵ月投資は損切しづらい

12月の1ヵ月間、ブロードリーフという銘柄に投資していました。
12月が確定月なので優待、配当金目当てによる株価上昇。
上昇しなければ確定日まで保有し、優待と配当金を受け取ってやろう。という確定日を保険とした投資です。
優待、配当利回りがいいのかも銘柄を選ぶことでリスクを最小限に抑えられる投資方法かと思っていたのですが。
そんなに上手くはいかない日々でした。

確定日を控えていることで利益確定、損切りの決断がしづらい!

率直にそう感じました。

途中で株価が騰がっても[確定日前だからまだ騰がるだろ?]と欲が出て利益確定できず。
下がっても[今ロスカットするより、確定日付近のでの反発に賭ける。どうせなら優待、配当金を受け取ってしまった方がいいのではないか?]
なんて言う甘い考えが湧き出てしまい約定できません。

確定日過ぎれば株価は下がる。という不安も抱えてしまうし、けっこうストレス溜まります。
これが長期的に投資しているのであれば全く違って来るんでしょうが。

まぁ安全と思っていた投資方法を実践したら思ったより難しいと。自分の気持ちをコントロールをするのが難しいことが分かりました

どうしても優待が欲しければクロス取引すればいい。
大事なのは株価。
利回りや優待なんぞ少しの株価変動で一気に覆ります。
それを肝に命じて次の投資に生かしていきたいと思います。

まだまだ投資スタンスが定まりません。
まぁ失敗しながらでもいろいろ試してみます。

結果的にブロードリーフを保有していた1カ月の間での含み益のピークは株式分割される前の9000円。

損失価格で約定させまして、損失額は11,000円ほどでした。

優待、配当金を受け取る権利は得られましたが、差し引いてもマイナスです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です