またもや幻の100pips。ロスカット設定に何度も阻まれる。

先週末に引き続きまたもやロスカット設定によって切られた後、想定方向へ急上昇し幻の100pipsとなってしまいました。

トレード内容は、先日ブログでも記したようにドル円での反発を狙いロングポジションで逆張りしてみました。

ドル円4時間足

無題

予想は的中。強い陽線を作り上昇となりました。これはモロタっしょ?と思うでしょ…

ドル円15分足

無題

正確にはロスカット設定ではなく、トレール手法を試してみたくて実行したわけです。ニューヨークタイム、私は起きていられません。(´;ω;`)

就寝前に+20pipsの含み益中だったのを確認して、エントリ価格より少し上に決済逆指値を注文しておいたわけです。眠りについたわけです。

起きたらドルが急騰しているではありませんか。よっしゃ!とはならず…

急騰前の綺麗な押し目により+6pipsで決済されていました。。。無念。

先週から悔しい思いを繰り返していますが、相場を読む精度は上がってきていると実感しています。

ただエントリのタイミングは悪いのかな?と思っています。今回の場合も就寝前の押し目は別としても、日中も119円台に突入する場面が数回ありました。そのタイミングでポジションを取れていれば、この日は常に含み益のままの状態だったわけです。まぁ仕事があるので絶妙なタイミングでエントリするのは不可能だと理解してきています。

ロスカットは闇雲に20pips、30pipsと数値を決めて設定するのは効率的ではないのかな?と感じています。

無題

今回も119円台に差し掛かったところで何度も反発しています。同様にに僕がエントリしてしまった120円20銭付近でも。結果的にあまり値動きのない日本時間での高値掴みをしてしまったわけですね。

利大を目指すなら119円70銭あたりまでロスカット幅を広めておいた方が良かったのかもしれません。兼業トレーダーは兼業なりの手法を身に着けないといつまで経っても利益を上げられません。

兼ねてより呟いていますが、ロスカット幅を広めにしたスイングトレードがいいのかな。。。ブレイクアウト、逆張りに特化した。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です