海外FX業者XMで1ヵ月トレードした結果、全資金25万円失いました

無題

3/9 1日で20万円失った

資金がなくなりました。感情に任せたトレードをしてしまった結果です。

トレード失敗。イライラからのハイロットトレードであっという間にマイナス17万円。しかも焦ってトレードしたせいでSELL、BUYを間違えて押してしまったという…スマホアプリでトレードしていました。

本当にバカです。自分に呆れかえっています。大馬鹿野郎です。

しかしFXは嫌いになっていません。今回は大敗しましたが、その逆の可能性も十分にあるから。

だから再度資金を貯めて相場に飛び込んでいきたいと思っています。

全資金25万円失って気付いたこと

気付いたことというか、肝に銘じべきことをおさらいしておきます。

・損切

・感情に任せたトレード

・ながらトレード

・損益ばかり確認

・スマホアプリでトレード

・自分を信じる

・トレード日記、ブログ更新

今更だけど損切は絶対、絶対、絶対に大事!!!

損切できない者はFXでは勝てない。FXに関するブログや書籍を見ると頭が痛くなるくらい損切、損切と言われます。自分は損切できているから大丈夫。2,3ヵ月FXトレードを続けて来れましたが損切は割とできていました。なので損切に関しては心配ない。と思い込んでいた結果が今の状況です。損切はハイロットトレードほど難しいです。そして含み損が膨らむほど決済できません。驚くほどにボタンが押せません。1、2万円の含み損ならすぐ押せるのに。

なので必ず決済逆指値注文を出すように徹底します。今回サボって決済逆指値を注文していなかったのです。

こんな大事になるとは。数十時間前に戻りたい…

無題

感情むき出しのトレードは負の連鎖

感情むき出しハイロットトレードで資金の半分近くである9万円ほどの利益を得たこともあります。

今回のような事態が起こってしまったのもその経験もあったからでしょう。「どうにかなる」とFXを甘く見ていました。

感情トレードでは何も生まれません。トレードを採点することができないですから。次に繋がらないトレードです。

ご飯食べながらトレードすると家族に嫌われちゃうぞ

スマホ見ながらご飯食べるのってお行儀悪く見えちゃいます。時間効率は良いでしょうけどね。

上級者は何かしながらでも相場分析、今どの通貨が強いのか、と頭の中で整理できるのかもしれませんが初心者の私には無理です。無理でした。ながらトレードは適当になり、感情トレードへと発展します。

ご飯を作ってくれる嫁さんにも失礼でしょう。

損益ばかり確認する

保有中ポジションの損益額ばかり見ているのも良くないかと思います。含み益が増えれば嬉しいし、広がる含み損を見るとすごく焦ります。
この一喜一憂が結局感情トレードへと発展してしまいます。僕の場合はそうでした。
損益はものすごく気になりますが、確認ばかりするのは良くないです。見ても何も変わりませんから。パチンコのように演出もないですよ。

FXスマホアプリでのトレード

スマホアプリでのトレードも控えたいです。スマホはどこでも持ち運びできるしベットに横になりながらトレードする事もできます。そう。ながらトレードを頻発させる要因となり得ます。
集中力のない僕は、小さいスマホ画面ではチャート分析もろくにできませんでした。アプリでもしエントリーするのであれば短い時間足でスキャルピングを狙うくらいにしたいと思います。

道を切り開くには自信と勇気が必要

自分を信じることは超絶に大切です。間違っていたら反省すればいい。とりあえずエントリーしたら途中下車せずに乗りきります。自分を信じてやれないと永久的に道を切り開くことができない気がします。

トレード日記、又はブログ更新

トレード日記、ブログ更新は最重要です。
今回25万円という資金を尽かせてしまったのはトレード日記を怠っていたからだと思っています。
エントリーのタイミング、ロスカット設定、相場分析をブログへと綴っていれば、有言実行しようとするので、負け続けても全資金を失う結果にはならなかったでしょう。
面倒くさがって適当トレードを招いてしまいました。隠れてコソコソと悪さするのと一緒ですね。
記録に残して自分に呼びかけておかないと。そうしないと僕の意思では止めることができませんでした。

精神論ばかりで申し訳ないですが、こんなところです。
もう一度FXへと出陣できるように節約、稼ぎを頑張りたいと思います。
当面は海外FX業者XMへ入金した際のボーナスが残っているので、低ロットで相場の勉強を続けていきます。
12,000円ほどしか残ってないですが、、、

ブログの更新は今までと比べ物にならないくらい頑張ります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です