2017 3/13~3/17 一周間の相場分析

1週間のFX相場を振り返ってみたいと思います。ブログのネタにもなるし自分の勉強にもなる。さらに記録として残すことで今後データとして活用できるかもしれません。一石二鳥、いや三鳥、四鳥にもなりえます。

1週間の相場分析、毎週末の恒例記事としてUPしていく予定であります。

ドル円の1週間、ドル安円高

ナンバー裏

月曜から火曜日にかけてドル高が先行しましたが、その後レンジ相場に移行。この間はFOMCによる政策金利発表を前に相場全体が様子見していたのかな?そして政策金利が発表されると急激にドルが売られました。チャート上一番長い陰線がその発表の時間帯です。米の政策金利自体は0.25%引き上げられて、1%まで金利が上昇しました。

これ自体はドル高に動く要素だと思ったのですが、今後の金利引き上げのペースが2、3年に1~2回と思ったより間隔が長かったため、ドルが売られたと報道されています。

個人的には円安、ドル高へトレンドが傾くと予想していたのですが値動きは正反対な結果となりました。

あれですね。損切は絶対的に大事ですね。損切くんと上手く付き合っていきたいです。w

ポンド円はレンジ相場

ナンバー裏

ポンド円はレンジ相場でした。130円後半と140円前半を行ったり来たり。正直このチャートだけ見ると簡単に利益取れそうだと思っちゃいます。139.00円まで下がればポンド買って、140円まで上がれば決済すればいいだけですからね。しかし実際トレードするとなると難しい。特にハイレバリッジでのトレードだと正気を保てません。

レンジ相場では低レバリッジで辛抱強くポジションを持つ心構えが必要だと思います。

豪ドル円もレンジ相場

ナンバー裏

豪ドル円もレンジ相場のような印象です。ただ上昇雲が目立っている、そしてこの木曜日、金曜日にかけて下落しているので週明けは豪ドル高に動くのではないかと見ています。金曜日は1時間足上のサポートラインから反発し

、陽線を作り出しているので尚更豪ドル高になる期待値があるかと。

後で分析してエントリーを検討してみます。

ユーロ円はユーロ安に

ナンバー裏

先週、大きなユーロ高トレンドを作ったユーロはさん。今週の対円では弱気者でした。1週間で150pipsほど下落するという結果に。これが下落のはじまりか?それとも上昇の押し目か?長期の時間軸で確認する必要がありますね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です