NZD円の下落トレンドに乗っかる。80pips取れたと思いきやポジション行方不明

NZD円4時間足

無題

4時間足にて完全な下落トレンドを作り上げているNZD円。この波に乗っかりたいと思ったのが21日の朝です。直ぐにショートへとエントリーしました。

そしてこのチャート上の強烈な陰線。これはポジション取りした後の陰線です。日本時間は動きの少ないレンジ相場で終わり、NY時間に一気に動きがあったようです。この時間僕は夢の中でした。

NZD円5分足

無題

「よっしゃー!」寝起きでこのようなチャートを拝めるなんて。最高の目覚めです。読み通り、理想の展開となってくれていました。エントリーが79.366円でロスカットを79.610へと設定していました。下落前に79.569円というロスカットラインぎりぎりまで差し掛かっていたようですが、何とか突き刺さってはいないようです。

ふぅー。危ない危ない。今まで何度も2pips程度触れたせいで爆益を逃した経験があります。数pipsの差でロスカットに阻まれるのがFXで一番悔しいと思えるところです。今回はロスカットラインまで届いていません。

しかしなぜでしょう。

ポジションが行方不明なのは…

何故?

どこ?

ポジションくん。。。

なんでそんなところにいるの?

無題

ー2,440円。

よく考えました。XMのサポートセンターへ問い合わせてやろうと思いました。しかし思いとどまりました。

スワップ-80という文字が見えたからです。

スワップポイント。現在ニュージランドの政策金利は1.75%、日本は0.10%です。ショートでのポジション取りは-のスワップポイントが発生します。

そしてどこかのブログで見た文章を思い出しました。

「XMでのスワップポイント表記は「円」ではなく「ポイント」で表記される」と。

こいつか?このマイナススワップのせいなのか?

恐らくそうなのでしょう。今回もまたロスカットラインぎりぎりに触れてしまい爆益を逃してしまいました。

これを繰り返した結果、自暴自棄になり適当トレードを重ね、資金を飛ばしてしまいました。

同じ失敗は繰り返せません。へこたれず強い意志を持ってチャンスを待ちます。

負けはつきものなんですから。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です